銀輪の渡り鳥~縦横無尽編~ ホーム » スポンサー広告 » 自転車レース »清水町ゆうすいクリテリウム

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

清水町ゆうすいクリテリウム  

朝5時に起きて朝ご飯食べて着替えて出発。

初めてワンピースを着るにあたって

「あれ? 着て行った方がいいの? 現地で着た方がいいの?」ってな迷いがありまして。

現地行ってあたふたするよりはいいかなーって事で着て行きました。

んで、現地の地理とか詳しくないのでカーナビに導かれるまま車を走らせたんですが

なんか、予想よりも異様に近いというかなんというか……

あのー、俺どうやら勘違いしていたようで。

ずっと静岡市清水区の事だと思ってました。

いや、なんでそう思ってたのかは分からないんですが。

まぁ、とにかく現地にやけに早く到着し、どうしたもんかと思ってると

照生君ご家族が既に到着してる旨がLINEで流れてきたので合流。

雑談したり受付行ったり検車行ったりたり。

んで、結構時間潰してるとポツポツ集まり始まるチームメイト。

やっぱちょっと到着早すぎたらしい。

コース脇に観戦体勢を整え、そこからまた更に時間を潰してからようやく試走時間に。

事前に、以前参加したメンバーから走りやすいとは聞いていたけど直角コーナーだし

それなりに不安に思っていたが道幅も広いのでかなり速度出して突っ込んでも問題なく曲がれる。

で、試走後、男子ジュニア、U-15、U-17が一括りでスタート。

照生君が健闘するも、4位と入賞ならず。

続く女子カテゴリーでは加藤志保さんが3位入賞。

この勢いで男子スポーツ30~40で入賞出来ればいいんですが

とりあえず自分は無理なんで堀君頑張ってくれねーかなー、と思いながらスタート。

それなりに速度が出てると思われるが、加減速がほとんどないので

キツイながらも集団に着いて行くだけならなんとかなる。

「あれ? これ完走出来るんじゃね?」とか思い始めた10周目。

第1コーナーを曲がった時点でやや膨らみ過ぎた選手が居て、なんとなく危険を感じて少し減速。

そこへ更に膨らんだ選手がやってきてそれを避けた選手だったか膨らんだ選手本人だったかは不明だが(確か避けた方が)落車。

位置的にほぼ自分の正面なので全力ブレーキでなんとか接触する事もなく停止。

さっき減速しておいてよかったー、とか思いながら前方を見ると集団は第2コーナー曲がった辺り。

無理だろーなー、とは思いつつもこのまま終わるのは癪なので全力でペダルを踏み

追いつく事なく大体1周で力尽き、後はもう流す感じでスタートゴール地点へ。

「集団から落ちるようなゴミは失せろ!」と言わんばかりに退去させられる(被害妄想)

結果は11周でDNF。

堀君も入賞は逃した模様。

続くスポーツ40~45では山口さんが2位入賞。

そしてビギナー40才以上で岩下さんが優勝。

確かレース2回目とかだったのに、道中先頭を牽くわ最後はスプリントで競り勝つわで堂々とした優勝。

そして最後に行われるエリートクラス。

コバリンからは3名が出場。

内一名は先ほど入賞した山口さん。まさかのダブルエントリー。

遠くてイマイチ聞こえなかったけど、スタート前に紹介され、拍手されてました。

で、レース。

周回賞(10周と20周に設定)を両方とも清水さんが獲り、このまま優勝したすげー! とか盛り上がるも

流石に脚が残っていなかったらしく、入賞者はなし。

その後、表彰式を経て解散。

チームとしては入賞者とか出していい感じですが

個人的には不完全燃焼感が……

完全に実力不足で千切れたらそれでいいんだけど

落車絡みはもやもやした物が残りますねー

まぁ、あそこで追いつける脚がなかったと思うようにします。


↓クリックして頂けると日々の励みになります♪
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

category: 自転車レース

thread: 自転車(スポーツ用)

janre: スポーツ

tag: ロードバイク  チーム・コバリン  清水町  クリテリウム 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログパーツ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。